TAG index
クラッシュ・バンディクー3 トリビア

TAG index

うらわざ / 世界観 / エピソード
ジョークや由来


gazou海外版限定の特別版!
海外では今作の「スペシャル リミテッドエディション」が発売されたよ!ゲーム本編と、オリジナルサウンドトラックCD、ブックレット、特別なデザインのTシャツ、金属の限定ケースがセット!!
TAG index

gazouエジプトの壁画の犬は モーガンくん
エジプトステージの壁画に描かれている犬は、モーガンくん。この犬はゲームを開発したスタジオ「ノーティドッグ」で当時飼われていた犬で、スタッフロールにも載っているよ!アメリカのスタッフだけでなく、日本のスタッフからも愛されていたんだって。次回作「レーシング」の「お・も・い・で」ムービーで写真も見れるよ!
TAG index

gazouワープルームの曲が初登場!
今作のワープルームやボーナスチャレンジで使われたあのBGMは今回が初登場!以降の作品(カーニバル、4、アドバンス、アドバンス2、爆走!ニトロカート、ブッとび3段もり! など)ではテーマソングのひとつとして様々な場面でアレンジされたりして使われているよ!
TAG index

gazouはっけん!クラッシュ万事休す!
今作の攻略本「クラッシュバンディクー3 てくてくワールドツアーガイド」のカバーを外すと、「クラッシュ万事休す」の楽譜があらわれる!テーマソングを練習して クラスのヒーローになろう!
TAG index

gazouリンゴバズーカとうじょう!
今作から登場したパワーアップアクション「リンゴバズーカ」!!このアクションが考えられた理由は「てこずったモンスターを簡単に倒せる快感を味わってもらいたかったから」!
TAG index

gazou開発中に追加が決まったステージ!
飛行機を操作するヨーロッパステージ。そして、ジュラ紀のべイビーTを操作するステージは、開発当初は予定されていなかった。開発の途中で入れることになったステージ!どちらも新しくて楽しいステージ、収録されてよかったね!ちなみにベイビーTはステージ4から登場させる予定もあったけど、はじめてクラッシュをやる人が戸惑わないように今の形に変更されたよ。一方で タイムアタックは開発のはじめから入れる予定でステージを作っていたんだって。
TAG index

gazou難易度は世界でちがう!
今作は日本とアメリカ向けにはやさしく作ってあり、調査の結果 ヨーロッパの人たちは難しいゲームが好きなことがわかったから、ヨーロッパ向けには少し難しく作ってあるんだって。例えばタイムアタックでトロフィーを手に入れるための時間は 日本版ではかなりやさしくなっているよ!
TAG index

gazou足場移動にこだわり!
今作を作るときにこのゲームを開発したスタジオの「ノーティドッグ」が一番こだわったのは、ロードを感じないボーナスチャレンジへの移動演出!広いところで冒険をしている気分になれるようにということで、中世ヨーロッパステージの足場の移動と、近未来都市ステージの鏡の壁を「見てもらいたいなぁ」だって!
TAG index

gazouパラッパのイベントでダンス披露!
1998年に開催された「パラッパラッパーNEW YEAR LIVE PARTY」というゲーム「パラッパラッパー」の100万本突破を記念したイベントに、ゲストでクラッシュくんが招待され、パラッパラッパーの名曲たちにあわせてダンスを披露したぞ!じつは「クラッシュ・バンディクー」も「パラッパラッパー」もシリーズ1作目は おなじ1996年12月6日発売なのだ!ふたりはほかにもワールドホビーフェア、東京ゲームショウ、テレビCMなどでも共演。「ラ・ラ・ラ♪ プレイステーション♪」というフレーズと共に展開されたテレビCMや雑誌の広告では クラッシュくんとパラッパくんは一緒に「がんばれ森川君2号」や「I.Q」という別のゲームを遊ぶ広告も展開されたのだ。
TAG index

gazou火炎放射器といえば…
ディンゴダイルの「今日のご飯はヤキニクかぁー!?」というおなじみのセリフは今作で初登場!ゲーム「ラチェット&クランク3」でキャプテンクォークが火炎放射器を入手すると「今夜はヤキニクかー!」とさけぶけど、どちらのゲームも日本版と海外版のプロデューサーは同じで、このセリフは今作のパロディだよ!
TAG index


>>>うらわざ



gazouバイクステージで後ろに進める!?
バイク系ステージでコースアウトすると少しだけ手前に戻されるぞ。これをスタート直後からやり続けると、どんどんコース手前に行ける!とあるステージでこれをやると ステート地点よりも戻れて、工事の看板で封鎖された「行き止まり」を見れるよ。(ブッとび3段もり!ではできないよ)
TAG index

gazouカゴの中の隠しりんご
プーラを操作する「万里の長城」ステージで、頭上のカゴに体当たりをするとりんごがたくさんゲットできる!高いところはダッシュジャンプで入手しよう!
TAG index

gazouスフィンクスからのおくりもの
「ピラミッド けんせつちゅう」のステージにあるコルテックスに似たスフィンクスのオブジェの両肩を「リンゴバズーカ」で撃ってみよう!それぞれクラッシュプレートが手に入るはず。ありがとう スフィンクス!
TAG index

gazouプーラダッシュを信じよう!
「万里の長城」ステージで手前に向かってゴロゴロころがってくるタルは、プーラのダッシュで破壊できるぞ!おそれず勢いつけて体当たりだ!!
TAG index

gazou海賊のたおしかた!
「カリブ海」ステージにいる「ボートの海賊作業員」は、倒すと1upできるぞ!逃しちゃもったいない!倒し方は十分にスピードをあげて、ジャンプ台からのジャンプで踏みつけるだけ!
TAG index

gazouポケステ連動でヨーヨーに変化が!
ポケットステーションを連動させるとゲーム中のクラッシュくんのヨーヨーの色が変わる。これは全8色の中からポケットステーションの製品ID番号で色が決められているんだって。ヨーヨーはゲーム起動中にクラッシュくんをしばらく操作しないでいると見れるよ!ちなみに、ヨーヨーの得意技は「アラウンド・ザ・ワールド」だって。
TAG index

gazouポケステ連動でアイツが登場!
ポケットステーションを連動させるといくつかのステージにニセクラッシュが現れる!踊っているのはクラッシュダンス…ではなく ニセクラッシュダンス。ゲームを開発したスタジオ「ノーティドッグ」の社長が 自分のオフィスでひとりで練習しながら考えたヘンテコダンスなんだとか。
TAG index

gazouいきなりスタート!
タイトル画面でL1、L2、R1、R2、△をココの飛行機ステージのデモが始まるまで押しっぱなしにしよう。デモが始まったらポーズボタンを押してワープルームに戻ると、パワーアップアクションを覚えていない状態なのに途中から遊ぶことができるよ。これは開発途中にプログラマーがこっそり入れてしまったものでバグではないんだって。
TAG index


>>>世界観



gazou「ワープルーム」の正式名称は…
ステージに行くときの拠点「ワープルーム」の正式名称は「タイム・ネジネジマシーン コントロールルーム」!なんだかアタマがよさそうでかっこいいね!
TAG index

gazou「ケロッパ」のひみつ
「ケロッパのじょうかまち」などに登場するカエルの「ケロッパ」にキスをされるとケロッパが王子様の姿になるよね。あの状態にもきちんと名前があり、王子様は「プリンス研究員」という名前だよ。悪い魔法でカエルの姿にされてしまったようだよ。
TAG index

gazouおじゃま草の名前は…
ジュラ紀ステージに登場した、ダメージは受けないけどひっかかるとクラッシュくんの移動がゆっくりになって進行の邪魔をしてきた草の名前は、「まとわり草(そう)」というよ。スピンアタックで草刈りだっ!!
TAG index

gazou海底ステージの場所は…
今作や次回作「レーシング」の水中ステージは「アトランティス」が舞台なんだって。海の生き物がたくさん!
TAG index

gazouマリンビーグルは超ハイテク!
クラッシュの妹ココが「カリブ海ステージ」で操縦するココマリンはとてもハイテク!ココのノートパソコンと接続可能な防水型ドッキングベイつきで55馬力の高性能小型エンジンを搭載!乗りながらまわりの波や敵の情報を調べることも可能なのだ。
TAG index


>>>エピソード



gazou開発者に人気のステージは!!
今作の開発者マーク・サーニーさんの一番お気に入りのステージは、ステージ20「きょうふ!ナイルがわはんらん」のタイムアタックなんだって!トビラが開いたり閉まったり、通り過ぎるか一度待つか… 速さだけではなくタイミングや勇気も大切なステージだね!
TAG index

gazou「エヌ」のしゃべり方は特徴的!
今作の日本版プロデューサーは日本版を作るときに、「エヌ」と名前に付くキャラクターのしゃべり方はどれも面白くなるように意識して作ったんだって。シリーズに「エヌ」はたくさんいるけど、たしかにしゃべり方がサムライだったり、気が弱かったり、英語混じりだったり みんな特徴的!
TAG index

gazouバンディクーを訪ねて
テレビ東京系列のテレビ番組「おはスタ」では 一週間かけて「クラッシュくんのオーストラリア旅行」という実写コーナーが放送されたことがあるよ。クラッシュくんがオーストラリアに飛び立ち、観光地をめぐりながらバンディクーを探し出すという内容で、この番組を再編集したものが今作のおまけムービーとして収録されたよ。ちなみにこの番組が放送されたとき、スタジオにはクラッシュくんが登場したのはもちろんのこと、ゲームの日本版プロデューサーも見学に来ていたんだって。
TAG index

gazouあの有名人もクラッシュを披露!
Apple社のMacでバーチャルゲームステーションを使うことで、プレイステーション用のソフトが遊べる事を発表した際、あのAppleで数々の発明をしたことで有名なスティーブジョブズさんは 発表会のステージ上で今作のステージ「万里の超特急」を披露したよ。
TAG index

gazouおかしなバグ!?
今作の開発中に クラッシュくんがペラペラに平べったくなってしまうバグが見つかった。ゲーム「パラッパラッパー」にあまりにもその姿が似ていたことから、開発スタッフは「パラッパクー」とその不具合を呼んでいたよ。また、ほかにも印象的な不具合としてステージ「はっけん!たんけんベイビーT」には ベイビーTが永遠に増殖し続けるバグがあったんだって。なお、どちらのバグも製品版では修正済みで見ることはできないよ。
TAG index

gazou発表会の裏側で…
新型ゲーム機「PS2」を発表する時に、PS1のゲームもできることを紹介するデモ用のゲームに今作が選ばれた!でも、まだ新型ゲーム機は開発中でたまに止まるというバグがあったそうだよ。せっかくの発表の場で失敗するわけにはいかない…!ということで その解決方法は、夜を徹して今作を実機で動かし続ける…というものだった!!大変だけど無事に発表会は成功したんだって!
TAG index

gazouポケステのドットは手作業
ポケットステーション「どこでもクラッシュくん」のドットは日本のスタッフの手で描かれているよ。ちなみに、「どこでもクラッシュくん」の話がでたすぐの頃に、ドットの「クラッシュダンス」のアニメーションを日本版プロデューサーが一晩で作って、そのままクリーンナップされて採用されたものもあるとか。
TAG index

gazouゲームのオープニングのひみつ
今作を起動したときに流れる色々な会社名をキャラクターが読み上げるオープニング!世界のバージョンと比べると、日本版は少し特別だよ! 各メーカーのロゴにキャラクターボイスをあてるのは全世界的にやることになっていたそうだけど、誰の声にするかは決まっていなったから、日本ではクラッシュくんも採用されることになったんだって! 当初はそのままそれぞれのメーカー名を読み上げる計画だったけど、日本でのクラッシュくんは 小学校低学年というプロモーションの裏設定もあったので「エンタテインメント」や「インタラクティブ」等の知性的なワードは決して話さないということで変更されたよ。 実際にオープニング収録の場にクラッシュくんがいたら…と考えて、きっと難しいワードは分かるところだけ「(エンタテイン)メントー!」とか「(スタ)ジオー!」と合わせようとして、他は「イェーイ!」とかで誤魔化すだろう… ということで現在のオープニングになったのだ! ちなみに日本版ではオープニングの曲の構成を1から作りなおしていたりもして、これはサザンオールスターズの「みんなのうた」のライブバージョンにインスパイアされたそうだよ。これらを担当した日本版プロデューサーは、「個人的に、自分の関わった作品の中で1,2に入る誇らしいものだと思っている。」とツイートしているぞ! たしかに、あれから何十年もたった今でもSIEのゲームを遊ぶと表示されるロゴを見るとクラッシュくんたちの声が頭の中に聞こえてくるよね!
TAG index

gazouあのおじさんはあの人!
今作のアクアクのテーマソングのおまけムービーでアクアクを彫っていたおじさんと 次回作「レーシング」のムービーでスタートのフラッグ振ってたおじさんは 小山均さんというひと!同じ人が2作品連続でこっそり登場していたのだ!
TAG index


>>>ジョークや由来



gazouステージ「ゴーゴーココマリン」
ステージ「ゴーゴーココマリン」は アニメ「海底少年マリン」のオープニングテーマから「ゴーゴーマリン ゴーゴーマリン』という歌詞がステージ名の元ネタ!
TAG index

gazouステージ「じわれのハイウェイを ゴー!」
ステージ「じわれのハイウェイを ゴー!」は 映画「地獄のハイウェイ」がステージ名の元ネタ!
TAG index

gazouステージ「なぞの えんばんUSA」
ステージ「なぞの えんばんUSA」は テレビシリーズ「謎の円盤UFO」がステージ名の元ネタ!ちなみにステージ名を考えた日本版プロデューサーの一番お気に入りのステージ名なんだって!
TAG index

gazou日本版サブタイトルの由来!
今作の日本版サブタイトル「ブッとび!世界一周」は、海外版サブタイトル「Warped」が元になっているよ。「Warped」には「あたまがぶっ飛んでいる」という意味もあり、日本版のサブタイトル「ブッとび!」はそれが由来だ。ちなみに「世界一周」はマーケティング部門からの提案で採用されたんだって。!
TAG index







TAG index


TAG index